ありのままに
祈ること
素祈 素祈 by
Manaka
by
Manaka

soki Web magazine 2024 Winter

新着記事

美味しいお供え

2023.11.10

祝!! Web素祈1周年!

2023.05.12

読んでくれた人が
「大切な人を想う時間」を前向きに、
無理なく暮らしに取り入れる
きっかけを配信しています。
※素祈は株式会社まなかの登録商標です

Web magazine

もっと知る

Regular

美味しいお供え

[長野県] 信州里の菓工房の市田柿ミルフィーユ

Culture / 2023.11.10

見島のカセドリ

Academic / 2023.02.24

[vol.7] 見島のカセドリ

日本の祈り 読む
お寺って一体なに?
寺院再創物語

[第0回] お寺って一体なに?

Document / 2022.04.22

読む

Essay / 2023.01.13

一日の花を摘め

偲ぶことを考える
Interview
Interview

END展キュレーター・塚田有那 (後編)

Interview / 2023.05.19

読む

「素祈のヒトコマ」
「素祈のヒトコマ」

20240424

実家の仏壇には炊いたご飯だけでなく
色々な物をお供えします。
その中には祖母が育てていた花や、
時期が来ると作っていた干し芋や干し柿を
今は父が作ってお供えしています。
それを見ていると祖母が畑の手入れをしている様子や
料理をしている姿を思い出し、
今でも祖母を感じる場所です。

もっと見る

株式会社まなか 宮嶋良任

若葉の香りが楽しめる季節になりました。
この時期のジョギングが
個人的に一番好きです。
とても清々しい気持ちになります。

さて、おかげさまでWeb magazine素祈も
発刊一年が経ちました。
祈りが暮らしの一部になってほしい
想いだけで始めたものの、
コンテンツを継続的に発信していくことは
試行錯誤の連続でした。
当然良い反応もあれば、
そうでないものも。
ただ言えるのは、まだ始まったばかり。
どんな形であれ、
発信をやめることだけはしません。
だって、素祈は素晴らしいから。

読者の皆様
並びに手記にご協力してくださった皆様
改めてこの場をお借りして
御礼申し上げます。
二年目どうなるかわかりませんが、
そきぼうと共に、笑顔を絶やさず
邁進して参ります。

2023 春編集後記

素祈 soki